おはようございます。
松崎です。
今日は、朝から打ち合わせが続きます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、久しぶりに築年数の古いマンションを住宅ローンのお手伝いをしました。
結論から言うと減額回答でした。

住宅ローンの審査は大まかに2つの審査を行います。
1つは、申込者の属性の審査です。
申込者が将来にわたって支払いをしていけるのか?という審査です。

もう1つは購入物件の審査です。
購入物件に借り入れ希望額ほどの価値があるのか?という審査です。

今回のお客さんは、この購入物件の審査で減額になりました。

銀行は購入物件の担保評価を出します。
担保評価というのはその物件の価値ですね。

ここからは銀行によって基準が違うのですが、融資額は銀行が算出した担保評価の〇〇〇%までという
基準があります。

例えば、銀行の担保評価が1000万円で担保評価の200%が融資上限額だとすると
融資額の上限は2000万円となります。

上記のように〇〇〇%までという基準ではなく担保評価+500万円まで・・・
というような銀行もあります。

このように銀行の融資額って担保評価から算出されているのが一般的です。

そのため、築年数が古すぎると借り入れ希望額に届かないということが稀にあるんですね。

築年数が古い物件を購入する時は、覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。