おはようございます。
松崎です。
久しぶりに今日はスケジュールに余裕があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近立て続けにこんな案件の相談がありました。

1つは、現在の住居を売却して新しい土地に家を建てるか既存の家を解体して建て替えるか。
という案件です。

この案件、ほぼ手詰まりでした。
既存の家には住宅ローンが2000万円ほど残っており建て替える場合、既存の住宅ローンを
建て替える新築の住宅ローンに上乗せする必要があります。

しかし、お客さんの毎月の支払額の希望は15万円以下・・・
年齢が高いので住宅ローンを組めるのが20年

新築の費用と合わせると5000万円は借りなければいけません。
そうなると支払いは約230,000円です。

もう一つの方法は今の家を売却して新しい土地を購入して家を建てる方法です。
建物金額は3000万円くらいですから2000万円の土地を購入すると上記と変わらずかかる費用は
5000万円です。

自宅を売却するとて残りが800万円ほど残るので差し引きすると借入額は4200万円
これだと毎月の支払額が約190,000円です。

これでも予算オーバーです。
希望額を叶えるとしたら借入額を2000万円くらいにしなければなりません。
土地建物で2000万円・・・しかも注文住宅で。

神奈川では無理です・・・県外でも無理に近い予算です。
なのでこの案件は手詰まりでした。

もう1つの案件も既存住宅に1300万円の住宅ローンが残っていました。
この案件もお客さんの年齢が高かったですが、自己資金が900万円あるので
借り入れ額は既存住宅ローンを上乗せして2400万円。

支払いは11万円を切っています。

何が言いたかったかというと既存の住宅ローンが残っていて建て替えを諦める人もいますが
上記のように一定の範囲内であれば新規の住宅ローンの既存住宅ローン分を上乗せすることが
出来ます。

もちろん銀行の審査は必要になりますが、諦めなくても大丈夫なのです。

ぜひ、覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。