おはようございます。
松崎です。
今日は、休日出勤です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、フラット35の事前審査をしたときにこんな事がありました。
審査結果は「留保」(承認でも否決でもない)という結果になりました。

留保とは否決ではないのでこのまま本審査に進めてください。
という状態なのですが、留保にも色々理由があります。

信用情報に問題がありそうなのか?
物件に問題がありそうなのか?

留保になる理由は様々です。

その中で今回は、「購入物件の売主に問題があるのか、申込者の勤務先が問題なのか?」という
話がありました。

売主か申込者の勤務先が問題・・・
なかなかこういったケースはありません。

ごく稀に売主「ブラック」という事がありますが、私もこの仕事をしていて
今まで2回しかありません。

今回は、勤務先がブラックかも・・・
という話でした。

勤務先がフラット35からブラックにされる・・・
こういったこともあるのですね。

なぜ、勤務先がブラックになるのかというと、過去にこの勤務先に働いていた人が
フラット35を借りるにあたって何かをした。
という事ですね。

何かというのは、契約書をごまかして多めに融資を受けたとか、単純に勤務先が
暴力団とつながりがあるとかだと思います。

なかなかないケースです。
ただこれは確実ではなくて、そういう問題のあった勤務先と同じ勤務先名という場合もあります。
過去に問題のあった会社名と同じ会社に勤めていることもありますからね。
一概には言えません。

勤務先名で審査に落ちてしまうこともあるんですね。
珍しいケースのお話でした。

ではでは。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。