おはようございます。
松崎です。
今日は、朝から夜まで予定がいっぱいです・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

土地を購入して建物を建てる。
一般的な話しですね。

今日は銀行選びでちょっとした節約ができるというお話しをしたいと思います。

そのちょっとした節約とは登記費用です。
銀行選びで登記費用が10〜20万円ほど節約できるのです。

10〜20万円あれば建物でちょっとしたこだわりができますよ。
建物予算に充当できるか登記費用として取られるのか・・・

これは大きな違いですね。

これは先日、住宅ローンの新規付けをしたお客さんでの事です。

このお客さんの借り入れ額は土地建物で約6500万円
土地が2500万円で建物が4000万円です。

いくつかの銀行に審査を出したのですが、全ての銀行で承認。
借入額も希望通りの6500万円です。

金利も同じ0.4%台でその他の保証料や事務手数料もほぼ同じ・・・
ではどこで差が出たかと言うと登記費用でした。

A銀行は、土地決済時に抵当権の設定額が2500万円でB銀行は土地決済時に満額の6500万円の抵当権設定でした。

じつは、これで20万円ぐらい差が出るのです。

土地購入時の抵当権設定費用の登録免許税は抵当権設定金額の1000分の4です。
と言う事は、B銀行の土地決済時に6500万円の抵当権の設定を行うと26万円の登録免許税等がかかります。

これに対してA銀行は土地費用のみの抵当権設定なので2500万円分の抵当権設定です。
そうなると登録免許税等は10万円です。
A銀行とB銀行の差額は16万円です。

これに司法書士の報酬が入ると約20万円ほどの差が出てきます。

住宅ローンを借りる銀行のやり方によってここまで違うんですね・・・
また、土地決済時には抵当権を設定しない・・・という銀行やつなぎ融資があればそれはそれで
抵当権設定の登録免許税が必要あります。

これも大きく節約できますね。
たかが10〜20万円程度と思うかもしれませんが、結構な額です。
たいした金額でもないな・・・と思うのであればそれはマイホームという大きな買い物で感覚が少し麻痺してるかも・・・

銀行選びだけでちょっとした節約ができるんですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。