おはようございます。
松崎です。
今日は、午前中から住宅ローンの相談で横須賀に来ています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの相談で多々多いのが「住宅ローンが通らないから通してほしい・・・」です。

単純に申込人と銀行のミスマッチであれば銀行を選定すればすむ話しですが
そうではない場合は、大変です。

支払の遅延であれば内容によっては2〜3ヶ月待てば審査に通るという事もあります。
しかし、債権異動だけはそうはいきません。

最大で5年間待つ必要がある。

債権異動した私のお客さんではこんな方がいました。

年収は1000万円で年齢が50歳目前だったのですが、ご実家を建替えるという事で相談がありました。
ご自身で住宅ローンの審査をしたら落ちたそうです。

インターネットで調べていたら住宅ローンの審査はたくさん出してはいけない。
といのを見て1行だけにとどめたそうです。

審査をだして即否決の連絡があったと言う事で信用情報に問題があると分かりました。
CICを取得して見ると1つ債権異動になっていたのです。

本人は全く記憶無し・・・
債権者に問い合わせて確認するとカードの年会費だと言うのです。
これを言われて思いだしたみたいです。

当初、カードを作っても年会費がかからないと言われカードを作ったが2年目からはかかると手紙がきて
約束が違うとカード会社と揉めて支払わなかった・・・
という事なのです。

カードの年会費まで債権異動するなんて・・・
私も知りませんでした。

ETCの200円が債権異動してしまったお客さんもいました。
幸い債権異動の情報が蹴るまで6ヶ月くらいだったので半年待って住宅ローンを借りたお客さんもいました。

要は、いかに少額でも形のあるものの支払じゃなくても債権異動はするという事です。

たった数百円、数千円で債権異動は簡単にしてしまうのです。

皆さんも気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。