おはようございます。
松崎です。
今日は、お客さんと千葉まで行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前こんな紹介案件がありました。

内容は借り換えです。
借り換えなので特段難しい案件ではないと思っていたら・・・

私「住宅ローンの支払表(償還表)はありますか??」

お客さん「支払表は無いです・・・親からお金を借りたので・・・」

お客さんの借りていた住宅資金は、銀行からではなく親から借りていたのです。
最近、親と仲が悪いと言う事で借り換えをして一括で完済してしまいたい・・・

と言うのが動機でした。

親から住宅取得資金を借りて毎月親に返済をする・・・
確かに住宅ローンですが、この住宅ローンは借り換えが出来ないのです。

銀行で借り換えをしてくれる案件は、あくまで金融機関から住宅取得資金として借りているものが対象になります。
従って親から借りたお金は借り換え不可なのです。

そんな事は普通は知らないですからね。
借り換え出来ると思っていたようですが、借り換えは出来ませんでした・・・

稀にいる親ローン。
私の知人でも1人いますが、お金のある親にとっては悪くない話しです。

銀行に3000万円預けて奥くらいだったら子に金利1%で貸す。
銀行に預けているより利息が良いですよね。

ただし、子にとっては借り換えが出来ないや住宅ローン控除も利用できません。
今の時代、銀行も金利が低いですし住宅ローン控除を利用する事も考えると親から融資してもらうよりは
銀行から借りて住宅ローン控除を受けた方が得です。

親が融資してくれる場合は、一度銀行との違いを比べて見ましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。