おはようございます。
松崎です。
今日は、ハウスメーカーの方とゴルフに行き、夜はお付き合いの会社の社長達と
新年会です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの融資付けの依頼を受けているお客さんから審査に出す為の建物の資金計画を
もらいました。

このお客さんの予算は住宅ローン6000万円で自己資金400万円で合計土地建物と諸費用を合わせて
6400万円の計画です。

建物屋さんの作った資金計画を見ると土地の代金と諸費用を入れて6430万円ほどでした。
30万円ほどオーバーでしたがこのくらいであれば建物の方で調整出来そうな範囲です。

と思い資金計画を見ていると

・銀行保証料 借入額による
・地盤改良工事 調査による
・照明、カーテン 計画による
・エアコン 計画による
・火災保険 プランによる
となっていたのです。

この状況で6430万円・・・
お客さんは気がついていませんでした。

金額が入っていないところに金額を大体入れると

・銀行保証料 123万
・地盤改良工事 80万
・照明、カーテン 60万
・エアコン 30万
・火災保険 25万

合計318万円です。
これらが全てかかるとすると資金計画は6748万円です。

予算オーバーです。

この様に建物屋さんが作る資金計画には金額が記載されていない部分があったりします。
素人では見ていてもなかなか分からないかもしれません。

後で予算オーバー・・・とならないためにも金額が記載されていない項目でも
予算取りとして金額を入れてもらった方が良いのです。

あとで資金計画が・・・
とならないためにもしっかり確認しておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。