おはようございます。
ノーネクタイが苦手な松崎です。
なんとなく気分がしまりません・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今日は住宅ローンの基本的な基準の一つをお話ししたいと思います。

住宅ローンには年収に対して借りれる額があります。
それ決めるための一つの指標が返済比率です。
返済負担率とも言います。

私たちみたいな住宅ローンに関わる仕事している人たちは、返比(へんぴ)と呼んでいます。

金融機関の定める返済比率をオーバーすると減額や否決、もしくは審査に出す段階で融資希望額の見直しを迫られます。
返済比率を簡単に説明すると年収に対して住宅ローンの年間支払額が何割になるかという比率です。

例えば年収400万円に対して住宅ローンの年間支払額が120万円であれば返済比率は30%となります。
そして返済比率は、申込者の年収や金融機関ごとに違います。

年収300万円未満の方の場合、返済比率は25%

年収300万円〜400万円未満の場合、返済比率は30%

年収が400万円以上の場合は、返済比率は35%

のように年収によって返済比率に違いがあります。
そして金融機関によっても違います。
年収400万円以上であれば返済比率は40%としている金融機関もあります。

この様に年収や金融機関によって基準にばらつきがあります。

自分がどこの金融機関に申し込むかによって基準が変わってきます。

そして返済比率を計算する際の住宅ローンの支払額を決めるには審査金利という基準金利があります。

これについては、長くなりますのでまた明日お話ししますね。

それでは(^^)

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

famity