おはようございます。
松崎です。
今日は、以前住宅ローンをお手伝いをしたお客さんのところに借り換えの
提案で訪問してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、以前ご相談のあったスルガ銀行の案件の話をしましたね。
売主の膨大な利益の中からサブリースをされていた・・・
という話です。

その記事はこちら↓
「売主のサブリースは要注意!?」

スルガ銀行の問題は今年には消えてしまう様な気がしますが、不動産業者が優良ではない
物件をお客さんに購入させスルガ銀行でローンを組ませるためにこんな事をしていたのです。

これは実際にお客さんから聞いた話です。

相談で来社されたお客さんは首都圏に鉄骨の3階建てのアパートを購入していました。
総戸数で12戸です。

このお客さんは12戸中4戸しか埋まっていない事を不安視していたのですが
売主が2年間サブリースをしてくれるからその間に満室にすれば大丈夫ですよ。

と言われていたのです。
そして2年経ちそうな時に相談に来ました。

2年経つのにまだ6戸しか埋まっていない・・・
このままでキャッシュアウトしてしまう。
と言っていたのです。

借り入れた銀行はスルガ銀行で金利4%を超え、本来なら空室も多く融資は難しい物件ですが
わざと2年のサブリースをつけることで融資を通りやすくしています。

また、こんな案件もありました。

・空室の部屋にカーテンをつけて入居者がいる様に見せかける
・空室の設定賃料を相場よりも高くして利回りを上げる

こんなのが横行していたんですね。

不動産業者もローンを組ませるため、ローンを通りやすくするためにあの手この手ですね。

不動産投資物件を購入する際は、提案されているレントロールの賃料設定に間違いがないか
などしっかり調べましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。