おはようございます。
松崎です。
今日は、取引先の社長とお出かけです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ニュースにこんな記事がありました。

若年層に、中古マンションを売却してフラット35を不正利用するというニュースです。
去年からこの手のニュースはたくさんありましたね。

今年もしばらく続きそうです。
内容はこんな感じです。

2600万円の中古マンションを自らが居住すると偽り住民票も一時的に移動ししばらくしてから
元に戻し物件は賃貸に出す・・・

これで毎月2万円利益が出る・・・
という内容でした。

しかし、このマンションと同じマンションの相場は1300万円ほどで売主は倍の値段で
この人に売却したそうです。

こういうのを聞くと不動産業者って悪徳業者だってイメージ着いてしまいますよね。
迷惑な話です。

しかも賃料相場も月9万円ほどらしいです。
なのでローンの返済と管理費・修繕積立金を入れる月に2万円なんて残るはずがないのです。

それなのに月に2万円の利益が出る・・・
これは売主が倍の値段で売っていますから少なくとも利益が1000万円くらいはあります。
その中からしばらく実際の賃料に上乗せした金額を買主に振り込みあたかも月に2万円の
利益が出ていると演出しているんですね。

以前、スルガ銀行で取引してお客さんも不動産会社から積算評価2億円くらいの物件を
4億5000万円で売られて空室率50%の物件を1年間だけ売主から家賃補助(サブリース)
されていた案件がありました。

これも多額の利益から賄われていたと思います。

この様に無知な人に不動産投資物件を買わせる業者はまだまだいそうです。
皆さんも気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。