おはようございます。
松崎です。
今日は、何にも予定がありません。
家でゆっくりします。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

5〜6年前にこんなお客さんの相談を受けた。
住宅を15年ほど前に購入したけど支払いが厳しくて払えない・・・

という相談でした。

謄本を見ると1番抵当で住宅金融公庫、2番にみずほ銀行、3番に社福協(社会保険福祉協会)と
3つの抵当権がついていました。

当時3300万円ほどで一軒家購入し全額住宅ローンで借りていました。
金利が4%超えていましたので毎月の支払いは約16万円。

住宅ローンを組んだ時は勤務先からの給与は毎月60万円ほどもらっていたので
支払っていけると思っていたそうです。

しかし、その会社が倒産し転職を繰り返しいまの会社に就職していました。
毎月の給与は30万円ちょっと・・・

子供も高校生になり出費が重なり支払いが厳しい・・・
という状況でした。

支払いもすでに6ヶ月遅れているのでそろそろ代位弁済の書類が届くと思っていた矢先に
届きました。

そのため、債権者と交渉をして任意売却で進めてもらいました。
しかし、当時とは変わり地元の不動産業者さんに査定をしてもらうと700万円〜900万円
とのことでした・・・

残債はまだ2000万円・・・

どうしようもない状況です。
しかも不動産会社さんから連絡があり「一緒に住んでいるお母さんの態度がヒドイ・・・」
内覧をしに来たお客さんに八つ当たりまがいな対応をして追い返してしまうと
言うのです。

思い入れのある家ですからね・・・
分かるのですが、そんな事をしている場合じゃないでしょ!とお母さんに言ったのですが
態度は一向に改めず、その為、手を引きました。

しばらくして競売情報を見ると460万円で落札されたようでした。

どのみち残債が2000万円ありましたからねどうにもならないのですが
任意売却であれば引っ越し代なども工面出来たかもしれません。

競売は強制執行ですから引っ越し代などを売却金額から抜くことはできません。
一番のワーストシナリオになってしまったのです。

住宅ローンは少しでも支払いが厳しいな・・・
と思った瞬間がベストタイミングです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。