おはようございます。
松崎です。
今日は、午前中から住宅展示場でお客さんのライフプランをしてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、私がサラリーマンで不動産会社に勤めていた時の事です。
駅前の中古マンションを売主さんからお預かりしていたのですが、人気のマンションだったためすぐに買い手が
つきました。

室内も綺麗で犬を飼っていましたが床のキズもマットを引いていたのでほとんどありませんでした。

それ以外にも売主さんに機器の不具合や故障、キズなどを確認すると「特にないです」との事でした。
築3年ですからね。
機器の不具合などは当然無いと思います。

契約も終わり売主さんが引っ越した後に再度内覧をして頂くと最初に内覧した時に分からなかったキズが
出来てきました。

それは、マットの下です。

他にキズは無いと言っていたのにマットのしたには犬がひっかいたキズがたくさんあったのです。
売主さんにその事を確認すると「忘れた・・・」というのです。

私は故意に隠していたと確信していますが・・・

さらに洗面化粧台にヒビも入っていました。
これに関しても聞くと「引っ越しの際に化粧水のビンを落として割れた・・・」と言われました。

最初の内覧時にはなかったのものなので引渡までに床のキズや洗面化粧台の交換をお願いしました。
当然ですよね、床のキズは隠しているし洗面化粧台のヒビは事後報告ですし・・・

こういった場合、引渡までには直して頂くのですが、洗面化粧台に関しては加入している火災保険で直せる事もあります。
このお客さんのケースも加入していた火災保険で不足かつ突発的な事故であれば保険金が出るのです。

早速のこのお客さんも洗面化粧台の交換費用を請求し免責部分だけ負担して頂き全額保険金で洗面化粧台の交換が出来ました。

床のキズはダメなんで自己負担でしたが・・・

この様に火災保険は火事になった時だけの保険ではありません。
しっかり補償内容を確認しておけば上記の様な事故が起きた時に使える可能性があります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。