おはようございます。
けっこう難しい案件に四苦八苦の松崎です。
なんとかこの案件は、成功させたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの相談を受けていると意外に皆さんお持ちなのがカードローン。
他の人はカードローンなんて持っていないんじゃないかと思っている人も多く
カードローンを持っているという事が言えない人もいます。

そんな事はありません。

金融機関もカードローン商品をたくさん出していますので今の時代カードローンを持っている人は
結構います。

そんな時に気になるのがカードローンを持っていると住宅ローンに影響が出るのか
どうなのかだと思います。

住宅ローンの審査をする際にカードローンを持っていると影響はあります。

しかし、持っている枚数や限度額、どこのカードローンなのかがポイントになります。
まず、持っている枚数は少ない方がいいのは何となく想像がつくと思いますが枚数と同じくカードに
ついているキャッシング枠の限度額も大きな影響があります。

限度額400万円のカードロー1枚を持っている人と限度額20万円のカードを3枚持っている人だと
圧倒的に400万円のカードを持っている人が不利になります。
カードローンの枚数よりも限度額の大きい方が不利になるという事です。

住宅ローンの審査の際、カードローンのキャッシング枠は使っていなくても限度額いっぱい使っている
ものとして審査されます。
この場合、400万円借金をしているものとして審査されます。

カードの枚数×限度額を借金している事になりますので覚えておきましょう。

そしてカード会社ですが消費者金融の場合は、たとえ限度額が少なくても持っているだけで審査を
してくれない場合もあります。

銀行系のカードローンの場合は、返済比率さえオーバーしてなければ所有していても大丈夫です。

住宅ローンの審査をする際は、枚数、限度額、カード会社に気をつけましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

カード