おはようございます。
松崎です。
今日は、夕方からご紹介頂く保険会社の方達と打ち合わせがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、久しぶりに日程がタイトな案件がありました。
増税の駆け込みっていうやつですね。

契約日は9月5日融資実行は25日です。
銀行の稼働日を考えると3連休が2回あった事もあり実質11日です。

めちゃくちゃハードなスケジュールです。

増税前に売りたいというのも分かるんですけどね、ちょっとスケジュールが厳しすぎます。

審査の申込みをしてから融資実行までは各銀行でばらつきがありますが一般的にはこんな感じです。

銀行によっては事前審査から行わないといけない銀行もあるのでそうなると

事前審査 1〜2日
本審査 4〜7日
融資実行 3〜7日

と言う具合にかかります。
事前審査と本審査の間には、申込者が市区町村に行って公的書類を集めたりする必要もありますので
1〜2日は時間が掛かります。

そして融資実行前に行う金銭消費貸借契約は、平日か土日営業していれば土日でも行えますが
本審査の承認がでてすぐ次の日に行う。

という訳にもいきません。
月曜日に本審査の承認が出て申込者が土曜日にしか銀行に行けないと言う事であればそこで4日はロスしますからね。

それだけ実質稼働11日で融資実行までもっていくというのは大変です。
今回のお客さんは、銀行が協力的だったのでスムーズに行う事ができ何とかギリギリで間に合いました。

一般的には契約日から融資実行まで1ヶ月は最低あった方が良いのです。
あまりに契約から融資実行まで短い時は気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。