更新遅くなりました。
松崎です。
今日は休日出勤でした。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査をする時にこんな質問をする事がある。
一般的にご主人が申込人になる事が多い。

この案件ちょっと厳しそうだな・・・
と思う時には奥様にこんな質問をする。

・実家はどこか?
・実家は持ち家か?
・国家資格はあるのか?

こんな事を聞く。

実家がどこにあるのか?
そんな事が審査に関係あるのかというと銀行によってはこんな考え方を持っている事もある。

実家が近ければ子供を預けて働きに出かけられるかもしれない。
であれば住宅ローンの支払が厳しくなっても奥さんがすぐに働きに出かけられる。

実家が持ち家なのかと言う事はワーストシナリオが起きた時に持ち家であれば子供のために家を売却したり
担保にお金が借りれるかもしれない。

そして国家資格があると言う事は、奥さんが働きに出られればある程度の稼ぎがある可能性があると言う事です。

看護師の資格など持っていればなおのこと評価が高い。

この様に銀行は自分達のリスクヘッジの事を考えています。
万が一の時にこの家庭は返済能力があるのか・・・
という事ですね。

なのでちょっと厳しい案件や審査を通りやすくするという事であれば必要な作業なんですね。

あくまで銀行によってはと言う事なので上記の様な事を聞いておいても審査上何の役にも立たない・・・
と言う事もある。

しかし、審査にプラスに成材料があるのであれば全て出し切った方がいい。

そう言った細かい部分でも審査の可否は変わってくる。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。