おはようございます。
松崎です。
今日は、午前中に本審査の申込書をもらいに住宅展示場へ行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査基準は、どんどん変わっていく。
5年ほど前にこんなお客さんの住宅ローンをお手伝いしました。

夫婦共に中国の方で永住権はありませんでした。

永住権が無い・・・
と言う時点で住宅ローンを借りるのはかなりハードルが上がってしまう。

外国籍の方は、基本的に永住権が有るのか無いのかが重要なポイントなのです。

当時、永住権が無い状態で住宅ローンの審査を受け付けてくれる銀行はほとんどありませんでした。

住宅ローン審査時は永住権は必須という事です。
そんな中、永住権の申請中であれば住宅ローン審査も受け付けるし融資もするという銀行がありました。

私の知る限りこの銀行だけでした。
永住権の申請中でも審査は受け付けるけど融資実行は永住権の申請がおりてからという銀行は
いくつかありましたが、申請中でも融資を実行するという銀行はここだけでした。

申請中の融資実行はリスクがありますからね。
もし融資を実行した後に永住権の申請を否決されたら永住権は手に入りませんからね。

でも、最近は上記の様な銀行が他にも出て来ました。

当時は、あの銀行だけだったのに今は都市銀行でも永住権が無くても融資を
してくれる銀行が出て来たそうです。

日本で住宅を購入する外国籍の人が増えているんでしょうね。

この様に住宅ローンの審査基準はいつまでも同じでもないですし銀行によっては
審査基準は様々です。

住宅ローンを通すための知識が乏しいと本当は通るのに住宅ローンが借りられない・・・
と言う事もあるのです。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。