おはようございます。
松崎です。
今日は、夜にお台場でアポです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな相談が建築会社の営業マンからあった。
もうすぐ着工する案件なんだが、お客さんがもしかしたら重大な病気になってしまった
可能性がある。

どうしたらいいのか??

と言う内容でした。
この話の論点は、重大な病気になってしまった場合に団体信用生命保険(以下、団信)は
大丈夫か??

と言うのが論点です。

これは以前も同じような事をブログで書いた事があります。

着工金や中間金がない建築会社の場合、少額でもいいから着工金を発生させ融資実行を行い
団信の適用をスタートさせる。

という話です。

今回のお客さんの件もまず確認しなければいけないのが、団信の適用がいつからなのか?
という点です。

告知した日、以降に病気になったものは適用されるのか融資が実行されてからが適用なのかを
確認しなければなりません。

その点を営業マンに話し銀行に確認してもらうと融資を予定している銀行の回答は
融資実行が適用日という事でした。

という事は、早めに融資を実行させなければいけないという事ですね。

融資実行より先に病気のことが分かってしまうと問題です。
いくら告知が病気発覚前とはいえどうなるのか分かりません。

この様な件は、なかなかありませんが覚えておいくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。