おはようございます。
松崎です。
今日は役所へ調べ物に出かけてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

親戚のおじさんの土地に家を建てる・・・
珍しいケースだがたまにあります。

以前、このケースで大変な事があった。

そもそもこのお客さんの住宅ローンを通すのに1年かかったほどのお客さんです。
相談当初、カードでの借入が多く、カードローンにショッピングの分割払・・・
かなりの浪費家でした。

気がつくと新しいローンが増えている・・・

そんなこんなで住宅ローンの承認をもらってようやく建物も完成しそろそろ金消契約の段取りをしようと
念のため、他に借入が増えていないか確認をすると案の定・・・
50万円のバックを分割払で購入していました。

あれだけダメだと言ったのに。
結局一括で返してもらったのですが、次にもっと大きな問題がでました。

なんと土地を所有しているおじさんに借入額は3000万円くらいと話していたそうです。
実際の借入額は5500万円・・・

金消契約には物上保証人になるおじさんも出席してもらい内容の確認と説明、署名に捺印があります。
当然、その際に借入額の説明はある。

その金額をおじさんには言わないでほしいと言ってきたのです。
そんな事は当然出来ない。

そしてお客さんから説明されると書類にサインしてくれない可能性がある。
と言うのです。

正直、そんな事は知らない・・・
今まで黙っていた本人の問題です。

仮に書類にサインをしてくれなければ、融資はされないので自己資金で5500万円を建築会社へ払うしかない。

その事を説明しておじさんに正直に話してもらう事になりました。
金消契約時はドキドキでしたが、問題無くサインがもらえました。

物上保証人に上手く説明できないないケースはたまにあります。

皆さんも気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。