おはようございます。
松崎です。
今日は夕方まで書類作りをしてその後、住宅ローンの相談で住宅展示場へ行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、ニュースで不動産取引時のハザードマップについて話している記事がありました。
ハザードマップとは各市区町村が公表している自然災害の被害の予測をしその被害予測をマップに落とし込んだものになります。

これをハザードマップと言います。

このハザードマップを見ると購入物件がどんな自然災害のリスクがあるのかが確認出来ます。

不動産の取引時においては、ハザードマップを添付書類としてくれるか契約書の文言でハザードマップは確認しておいてね。
という対応が多いです。

また、契約締結前に行われる重要事項説明ではハザードマップで購入物件が物件がどのような状況にあるかまでは
説明義務がありません。

その為、説明しない。
という事もあります。

特に今回の台風の被害状況を見ると河川の周辺はどのようなリスクがあるのかはしっかり確認しておきたいですね。
河川の近場でなくても堤防が決壊すれば広範囲にわたって浸水のリスクがありますからね。

神奈川県の場合は鶴見川が一定のエリアで浸水エリアとして公表されています。

今後は不動産を購入する際にハザードマップを見てから物件のエリアを決めるという考え方も必要ですね。

マンションも立地によっては2階部分でも怖いですね。
マンションだから火災保険の水災を外すというのもよく考えてからですね。

皆さんも気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。