おはようございます。
松崎です。
今日は住宅展示場で新規のご相談があるので行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、受けていて住宅ローン案件でこんな事がありました。

お客さんの借り入れ希望額は5000万円。
年齢は40歳前半で年収は約700万円、他の借り入れ無し

この状況であれば5000万円は机上で計算をしてもあてはまります。

しかし銀行の回答は4500万円・・・

5000万円借りたいのでどうにかしてほしい。
という相談内容でした。

お客さんが申し込んだ銀行にはこんなルールがあります。
それは子供の生活費です。

今回申し込んだ銀行の特徴は家族構成により融資額が減額される可能性があるということです。
これは他の銀行でもあります。

今回の銀行は子供一人に年間の生活費を60万円みます。
このお客さんはお子さんが3人。
と言う事は年間の生活費は180万円です。

これを考慮すると借入額は4500万円という事なのです。

原因が分かったので、これをあまり考慮しない銀行に住宅ローンを申し込んで問題無く5000万円の承認が得られました。

この様に銀行は住宅ローンの審査の際に色々な項目が審査の対象になります。
家族構成に似つかわない間取りもツッコミが入ってきます。

銀行が審査の対処にしているのは、年収や借り入れ期間、他の借り入れなどだけではないんですね。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。