おはようございます。
松崎です。
今日はスッキリ晴れましたね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな相談を受けました。
お付き合いのある工務店の社長からで自分の家を建てたいけど住宅ローンの審査を受け付けてくれない・・・

審査に落ちたではなく「審査を受け付けてくれない」です。
入口の段階でNGという事ですね。

その理由はこれです。
自分の家を建てるのに建築会社は自分が経営している工務店
と言う事です。

工務店を経営していますからね自社で建築したいのは当たり前のことです。
しかし、銀行はこれをよしとしない・・・

理由は何でしょう??

これは簡単です。
自社施工だからです。
自社施工の場合、施工費用とかを誤魔化さそうと思えば簡単に出来ます。

自分の会社ですからね。
本当は請負金額が1800万円でも2500万円にする事も簡単です。
700万多い請負契約を結んでおいてあとで減額の追加契約を行う。

銀行には減額の契約書は見せずにそのまま2500万円の融資を受け、浮いた700万円で車を買う。
簡単に出来てしまいます。

なので銀行は嫌なのです。
こういったケースの場合、住宅ローンを借りる方法は2つです。

・その状況でもお金を貸してくれる銀行を探す
・自社で建築工事を請け負わない

この2つです。

このお客さんは、自社で建築の請負契約をする事を諦めて他社に請負契約を任せました。

建築の請負工事は他社で施工は自社へ依頼してもらう。
これでこのお客さんは自分で家を建てました。

この様に工務店を経営している場合、自社施工というのは銀行によっては受け付けてくれない事があるんですね。

工務店を経営されている方は覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。