おはようございます。
松崎です。
今日は、都内でマンションデベロッパーさん達と会合があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

フラット35を利用する上でこんな連絡がありました。

追加契約書や注文書などの対応が出来なくなる・・・

どういう事かと言うと純粋に融資できる金額は土地の売買金額と建物の請負金額が対象と言う事です。
これは建売を購入時のオプション工事や注文住宅の追加工事などが融資対象から外れると言うことです。

今まではこんな感じでした。

土地代金 2000万円
建築請負工事 2000万円
追加工事 400万円

合計 4400万円

これが融資対象でしたが、今後は追加工事については請負契約書に含まれていない金額に関しては融資対象から外れるのです。
なので追加工事契約書や追加工事の注文を提出しても融資対象にはなりません。

よって上記でみると融資対象は土地代金の2000万円と建築請負工事の2000万円の合計4000万円が対象です。
追加工事の400万円に付いては融資できないんですね。

これは各社建築会社も建売会社も痛い変更です。

建売の場合は、パワービルダー系は網戸などが付いておらずオプション工事になりますのでその費用が融資されないのです。
特に注文住宅の場合、追加契約や注文書で追加工事を受注することはたくさんあります。

照明、カーテン、エアコン、外構工事などなど
追加工事の費用も数百万円になることも普通です。

それが
融資対象から外れるとなると大変です。

この追加工事分も融資してもらうには建築工事の請負契約書に最初から含んでおかなければなりません。
若しくは追加工事が決定した時点で請負契約書を締結し直すか変更合意書(これが可能かは未定ぽい?)などで
対応するしかなさそうです。

そもそも、このような変更があったのは恐らくですが、水増し融資の問題があるからでしょうね。
最近は厳しいので追加契約書も注文書も原本確認ですが、請負金額以外に追加工事契約や注文書でいかさまして
融資金額を水増ししている案件があるんでしょうね・・・

10月申込み分からの適用らしいです。

皆さんも気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。