おはようございます。
松崎です。
今日は、午後から都内で打ち合わせです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな話しをしました。

既存住宅ローンの残債が残っている場合、新しい住宅ローンにその残債を上乗せする事はできるが
名義人は同一でなければならない。

という話しをしました。

例えば
家を建て替えるのに父の住宅ローンが600万円残っていてその600万円を新築する方の住宅ローンに
上乗せできるが新築するの方の住宅ローンの名義人には必ず父の名義が入らなければならないのです。

父の既存住宅ローン(負債)の600万円を新築するの方の住宅ローンの名義人が息子一人であれば
息子は単純に父の負債600万円を肩代わりするだけになります。

これは銀行として父の債務逃れとみなすため絶対に出来ないのです。

なので父の既存住宅ローン(負債)を新しい住宅ローンに上乗せする場合は、絶対に父の名義も入らなければ
ならないのです。
父と息子の二人で住宅ローン組むのであればOKです。

というのが一般論でしたが、この様なケースで新しい住宅ローンに父の名義が入らなくても通った事例が
あるというのを聞きました。

それは父名義の既存住宅ローンの残債を息子が組む新規の住宅ローンに上乗せしても
父と息子の間で父が上乗せした分の既存住宅ローン金額の金銭消費貸借契約(以下、金消契約)を結ぶという方法です。

簡単に言うと父の既存住宅ローンの600万円を息子の新規の住宅ローンに上乗せした場合
父と息子の間で父が息子から600万円お金を借りたと言う金消契約を結ぶことで父の債務を息子に
返済をするという方法を取ったのです。

何ともグレーな感じがしますが・・・

お金を貸す銀行がそれでいいと言えば良いんでしょうね・・・

どこの銀行でも上記の方法が通じるわけでもありませんが、そう言った事例があるそうです。
ウルトラCですね。

ではでは

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。