おはようございます。
松崎です。
今日はご縁あってある国の大使館のゴルフコンペに参加してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、借り換えをしたいと言う飲食店のオーナーさんをご紹介頂いた事がありました。
おなしを聞いていると父と一緒に住んでいる家の住宅ローンを借り換えたい。

と言う内容でした。

現在の金利は4.2%・・・
当時としても金利はかなり高いです。

そもそも4.2%でノンバンク銀行から住宅ローンを借りている時点でワケありの
可能性大です。

内容を確認してみると住宅ローンの名義人は父・・・
この時点で息子への借り換えはできません。

借り換えとは、住宅ローンを組んでいる同じ名義人の方が行うもので
父が借りた住宅ローンを息子が借り換えをする事はできません。

父の住宅ローンは父でないと借り換えができません。

そもそも今回借り換えをしたい理由は、父が住宅ローンを払っていけない事が理由でした。

借り換えができないなら息子である私が家を買い取る!
と言う話も出ました。

息子さんが現金で購入するなら特に問題ない。
しかし、息子さんが住宅ローンを組んで父の家を購入すると言う方法は使えません。

その理由はまさに銀行が嫌う内容だからです。
父が住宅ローンを払えないから息子がその家を購入する・・・

これは銀行からすると債務の肩代わりという判断をします。

まさに今回がそうですよね。
父が住宅ローンを払えないから息子が家を買い取る・・・

まさに債務の肩代わりです。

上記の様なケースが起こりそうな方は覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。