おはようございます。
松崎です。
今日は、午後から湘南方面のお客様のところでローンの申込みがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、不動産の売却した方からこんな質問を受けた。
元々家を売却したら分離課税の申告が必要ですよ、と言ってあったお客さんなのですが

お客さん「別に申告しなくても平気ですよね?税務署にバレます??」
と言われました。

単に申告の仕方が分からないし面倒だから申告したくない。
という考えに行き着いたようなのですが、実際家を売ったり買ったりしたら税務署にはバレるのでしょうか?

答えは「バレます」

皆さんも家を購入した事があれば税務署からおたずねが来ませんでしたか?

家を購入する半年ぐらい経つと税務署からおたずねが届きます。
どんな内容かというと

購入者の名前
購入先
資金の調達方法
などが記載されています。

税務署はどうやって家を手に入れた事を知ったのだろうか・・・

答えは簡単です。
法務局と税務署が繋がっているのです。

法務局は名義人が変わるとその旨を税務署に何らかの方法で通知しています。
その為、税務署が家を取得したことを把握します。

これは、家を売却した時も一緒です。
前年に家を売却して確定申告していないとおたずねが届きます。

この様に家を買ったり売ったりしたことを税務署は把握しているのです。
今回のお客さんは、元々個人事業主で毎年確定申告しているので譲渡所得税がかからなくても
一緒に分離課税の申告をして税金がかからない旨を示しておけば特段おたずねが来ることもありません。

ついでの作業なので税金がかからなくてもやっておいた方が無難です。

不動産を売却、取得すると税務署は把握している。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。