おはようございます。
松崎です。
今日は、住宅展示場で団信代わりの生命保険の相談で打ち合わせがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、お客さんからこんな質問を受けました。
「一度落ちた銀行に再度申し込んでも落ちたと言う履歴があると思うので難しいのでは??」

と言われました。
確かに、審査に落ちたと言う履歴は残ります。

ここで再度申し込んで受け付けてくれる銀行と受け付けてくれない銀行があります。

受け付けてくれない銀行の場合、2つのパターンがあります。

・今後も受付不可
・一定期間が過ぎれば受付可能

今後も受け付けてくれない・・・
これは厳しいですね。

そして一定期間が過ぎれば・・・というのは良くあります。
ある銀行にこんな事を言われたことがあります。

保証会社の履歴が1年間残るので1年を経過すれば再度受付が出来ます!
と言われた事がありました。

そして受け付けてくれる銀行の場合、単に再度申し込んでも結果は同じです。
審査をする側からしたら「何も変わってないじゃん・・・」という事になってしまいます。

なので前回申し込んだ時は違う!という事をアピールしなければなりません。

例えば
・融資額を5000万円から4000万円に下げる
・自己資金を200万円から800万円にする
・収入合算をして審査年収を400万円から800万円にする

など前回とは違うと言う事をアピールしなければならない。
事故資金額を増やすとか借入額を減らすとかは効果的だと思います。

銀行か審査に落とすと言うことは支払に懸念があるという部分につきます。
であれば支払に懸念があるとう事を解消してあげなければなりません。

私のお客さんでも審査に落ちて3ヶ月後に同じ銀行に出して承認がもらえたお客さんはいます。

再審査を検討している人は覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。