おはようございます。
松崎です。
今日も朝一で決済に出かけてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな案件がありました。
もともと住宅ローンを7000万円近く借りる予定だったお客さんなのですが
ご両親から住宅取得等資金の非課税精度を利用して3000万円贈与してもらう話しが出て来ました。

3000万円まで非課税で資金を移せるなんて蓄財の多いご両親に取っては相続税対策にもなりますよね。

この時にお客さんから話しがあったのは贈与を受けるのはご奥様なので土地の購入費用2980万円に
まるまる3000万円を充てるという話しがありました。

それは特に問題ありません。
建物はご主人名義で4000万円の住宅ローンを組むので建物はご主人名義・・・
土地は奥様単独名義で建物はご主人単独名義。

実はこれはダメなんです。

この住宅取得投資金の非課税制度を利用する場合、その資金は土地のみに充てるのはダメなんです。

住宅取得資金ですからね。
土地だけではダメなんです。

贈与を受けた3000万円は土地だけでなく建物にも充てなければいけないのです。

と言う事は、土地は奥様単独名義でも大丈夫ですが、建物はご主人単独名義ではダメなのです。
少しでも奥様の名義を入れなければいけないのです。

10分の1でも100分の1でも・・・

ご両親から住宅取得の資金を贈与してもらう人は覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。