おはようございます。
松崎です。
今日も住宅展示場でお客様のご相談を受けてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、転職予定の人は流石に住宅ローンは無理という話をしましたね。
融資実行後に転職するのであればいいが融資実行前に転職してしまうのは完全にアウトです。
その記事はこちら↓
『転職予定の人は住宅ローンが借りれません??』

では、転職後何ヶ月経てば住宅ローンが借りれるのでしょうか?

これは、どこの銀行に申し込みをするのかで変わってきます。
一番ハードルが低いのがフラット35です。

フラット35の場合、1ヶ月分の給与明細があれば申し込むことは可能です。
借りれるか借りれないかではなく申し込みは可能ということです。

私のお客さんでも給与明細2ヶ月分でフラット35で住宅ローンを借りたお客さんもいます。
では、フラット35ではなく他の銀行で変動金利で借りたい・・・
という時はどうなんでしょうか?

この場合が各銀行によって判断が違ういますという事です。
6ヶ月は・・・という銀行もあれば会社が大手であれば3ヶ月でも審査をします。
という銀行もある。

ここは各銀行で対応がまちまちなのでその都度確認する必要があるあります。

そして気をつけて頂きたいポイントが一つあります。
それは銀行の言っている勤続3ヶ月とか6ヶ月という期間には試用期間は含まれない
可能性があるのです。

例えば試用期間3ヶ月の方が入社してから5ヶ月経過したとします。
これは勤続5ヶ月ではなく試用期間3ヶ月を引いた2ヶ月が勤続年数という事になります。

という事は、勤続6ヶ月と言われれば試用期間も合わせて9ヶ月必要ということになります。

こう言った勤続年数の考え方をする銀行もありますので
覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。