おはようございます。
松崎です。
今日は、朝一で市役所からスタートです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を契約する際にやっておいた方がいいのが住宅ローンの事前審査です。
事前審査で承認がもらえていないと契約をさせてもらえない事もあるのです。

契約をしてから住宅ローンの審査が通りませんでした・・・
となると後の処理が大変です。

そうならないために事前審査の承認後に契約をします。
という進め方が多いです。

事前審査の承認がもらえていれば本審査で否決になる事はほとんどありません。
事前審査で虚偽の記載をしていたり、極度に信用状況が低下していなければの話です。

しかし、事前審査の承認がもらえていても契約をさせてもらえない事があります。
それはフラット35の事前審査での承認です。

フラット35の場合、事前審査が承認でも契約をさせてくれない事が稀にあります。
理由は、フラット35の事前審査の承認は、本審査を行うと否決になる人もいるのです。

ここが民間金融機関の変動金利や固定金利との違いです。

では、なぜフラット35だけ事前審査が承認なのに本審査で否決になる事があるのでしょうか?

決定的な違いは、審査の仕組みにあります。
フラット35以外の住宅ローンの審査は、申し込みを受け付けた銀行と保証会社が行います。
メインは保証会社が審査を行い保証会社がOKとすれば承認という事になります。

フラット35の場合は違います。
まず事前審査では、申し込みを受け付けた金融機関がメインで審査を行います。
これはあくまで事前審査なので表現が悪いですが”サラッと”審査します。
フラット35を提供している住宅金融支援機構も”サラッと”行います。

そこで審査結果が”承認”と出ます。
そして本審査です。
ここでガッツリ細かい項目を受付をした金融機関で審査します。
事前審査とは違いしっかり審査をしますのでここで”否決”になる事があります。
もし否決にならなくても次は大元の住宅金融支援機構の審査があります。

受付をした金融機関が”承認”を出しても最後に住宅金融支援機構が”否決”という回答を
出す事もあるのです。

そうなると結果は”否決”です。
事前審査で”承認”となっていても本審査で”否決”になるのです。

この様に民間金融機関で借りる変動金利や固定金利とは審査の仕組みが違うのです。
そのため、事前審査で”承認”になっていたのに本審査で”否決”になる事があるのです。

なのでフラット35の事前審査の結果は、本審査でひっくり返る”可能性”があるので
契約の前に本審査の承認まで取ってください。

と言われる事があるのです。

フラット35を利用しようと考えている人は覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。