おはようございます。
松崎です。
今日は、夕方からハウスメーカーの営業マンと打ち合わせ後食事会です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな相談を営業マンから受けました。
フラット35を申し込みたいとの事でしたが、その客さんは持ち家でそちらの家を売却するという話しでした。

これは以前からも話していますね。
フラット35の場合、売却する事が決まっている(不動産業者と媒介契約を締結)のであれば
現在の持ち家の住宅ローンの支払は新しい住宅ローンの審査に影響はしない。

これは今までお話ししてきましたね。

今回はその先の話です。

話しの通り今の家は売却前提なのですが、新しい家が完成して引っ越して今の家を売却する。

その時に売るのに期限があるのか?
という質問でした。

一般的な銀行であれば3通りの条件を付けてくることがあります。

・事前に売却
・土地の決済若しくは、着工金の融資までに売却
・新しい建物完成後6ヶ月以内に売却

この3通りです。

しかしフラット35の場合、特に引っ越し後3ヶ月以内に売却しなければいけない。
というルールもありません。

既存住宅ローンがフラット35の場合、だけ新しい家のフラット35の融資を実行する前に既存住宅のフラット35は
完済をする事が条件になってきます。

そしてこんな突っ込んだ話しもありました。

ずっと売却先が決まらなかったらどうなるのか??

不動産の売却に関してもこんな事もありますよね。
売りに出しているけど全然売れない・・・

これに関しても特にルールがない。
ただ、ずっと売れないと住宅ローンを2重に払うことになりますので支払が厳しくなるのは目に見えています。

なので出来るだけすぐに売却しよう。
としか言えないのです。

フラット35の場合、既存の住宅ローンがフラット35でなければ売却に対して期限はない。

覚えておいてくださいね。

ただし、フラット35を受け付けている銀行によっては独自のルールを持っているという事もありますので
気をつけてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。