おはようございます。
松崎です。
今日も朝から住宅展示場で住宅ローン相談です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、勤務先の規模が小さいと銀行担当者が実態調査に来る。
というお話しをしましたね。

その記事はこちら↓
「勤務先の規模が小さいと審査に不利??」

実は、勤務先に意外にも銀行担当者が実態調査に来ることがある。
それは、購入物件の調査です。

以前、私のお客さんでこんな事がありました。

かなり大きい中古物件を購入したお客さんでした。
1階部分に玄関と2階にも玄関がありました。
2世帯住宅です。

さらに1階の一部は多目的スペースといのがありました。
多目的スペース??

というところが引っかかり銀行担当者が抜き打ちで現地を見に来たのです。
そして連絡があり「1階部分の多目的スペースは店舗のようにも見えるのでこの部分は賃貸で貸したりしませんよね?」

と言ってきました。
お客さんは賃貸に貸すつもりがそもそもなかったので「貸さないよ」ときっぱり・・・

と言う事で審査が無事におりました。
ただ、銀行からは賃貸に貸さない、という念書を書かされました。

実際このお客さんは、この部分を賃貸せずにご自身で商売を始めました。

この様に購入物件の間取りによっては銀行担当者が現地に確認に来ることもあるのです。

あんまり間取りが怪しい物件は銀行担当者も現地に確認に来ます。
覚えておいて下さいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。