おはようございます。
松崎です。
今日は大分からブログを書いています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、確定申告をしているお客さんの住宅ローンのお手伝いをしました。
相談内容は、融資額を600万円増やしたい。

と言う希望でした。

確定申告書を見ると審査で出ている融資額は所得金額に対してほぼ満額で審査が出ていました。
この状況から600万円も融資額を伸ばすのはかなりキツイ状況・・・。

と思っていた営業マンから相談でした。

確定申告書を見ると確かに所得金額の限界まで融資額の承認が出ていました。

しかし確定申告をしている方の場合、融資額を伸ばせる要素はいくつかあります。

このお客さんもそうでした。

銀行によっては、接待交際などの経費を一部年収に戻せる銀行があるのです。
このお客さんも計上して経費から約90万円を戻すことができました。

これにより希望だった融資額を600万円伸ばすことができました。

このように銀行によっては確定申告で計上している経費を所得金額に持ち戻すことが
出来るのです。

また、確定申告書に計上されている専従者給与なども本人の年収として戻すことも
できます。

専従者給与とは、配偶者などに支払っている給与の事です。
銀行によっては、専従者給与は本人と同じサイフと捉える銀行もありますので
本人の所得金額に専従者給与の額を足す事も出来るのです。

サラリーマンにはできない手法ですが確定申告をしている人にはこのような所得金額の
増やしかたがあるんですね。

ぜひ、覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。