おはようございます。
松崎です。
今日は、打ち合わせが立て込んでいます。
明日は大分へ出張なので仕事を残さないようにしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの相談を受けていたらお客さんからこんな話しがありました。

過去にマンションを購入しようとしたお客さんでマンションデベロッパーとの契約を済ませ住宅ローンの
審査を行ったそうです。

その際に希望の融資額が承認が出て営業マンに「この先、銀行に何か提出する資料はありますか?」と
訪ねたところ提出資料はありませんし銀行の担当者と会うこともありません。

という回答だったとのことです。

新築マンションの場合、契約しても建物完成は1年後という事も良くあることです。
このお客さんもそうでした。

その為、翌年の確定申告書の金額下げたそうです。

こういったケースで、まず本審査の承認が出たからと言ってその先、銀行担当者に会わないと言うことは
ありません。

必ず会います。
金銭消費貸借契約が残っていますからね。

この営業マンのミスですね。
この先、提出資料もない銀行の担当者と会うこともないというのは・・・。

結局、金銭消費貸借契約で銀行に行った先に保険証が切り替わっていたことで再度収入資料の提出を
求められたそうです。

個人事業主から法人にしたため保険証が国保から社保に変わっていたのです。
収入資料は営業マンが提出資料は無いと言ったので年収を下げていました。

それも重なり、希望の融資額が借りれなくなってしまったそうです。

今回の様な新築マンションの場合、冒頭でもお話しているとおり契約をしても建物完成まで1年以上先
という事も良くあります。

営業マンは融資実行されるまでは収入を下げたり法人化したり転職したりと状況が変わってしまうことは
させないようにしなければなりません。

それを怠ると上記の様な問題も出てくる。
新築マンションや融資実行まで時間が掛かる場合は、気をつけましょうね。
特に転職、借り入れ、支払遅延、病気などなど融資が実行されるまでは何もないようにしましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。