おはようございます。
松崎です。
今日は、つなぎ費用の契約に立ち会ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査をする際に他の借り入れがどんな状況なのかというのは
審査影響を与える項目になります。

他の借り入れというのは、何となくご存じだと思いますが下記の様なものです。

・オートローン
・カードローン
・ショッピングの分割払い
・携帯電話やタブレットの分割払い
などなど

これらの支払が毎月いくらなのか?あとどのくらい残っているのか?
という点が審査に影響してきます。

そしてこんな支払も審査には影響してきます。

それは養育費です。
養育費も毎月支払うものなのでこれも他の借り入れとしてカウントする銀行があります。
この養育費をカウントされるとかなり大幅に借入金額を削られてしまいます。

養育費って1万や2万円ではありませんからね。
収入に応じて大体決めますが、多い人だと毎月10万円を超えている事もあります。

私のお客さんで以前こんな事がありました。

事前審査が承認でたお客さんで本審査を申し込むに辺り銀行に行ったそうです。
その際に世間話の中で過去に離婚をしたという話しをしたそうです。

それを聞いた銀行担当者が「養育費って払ってますか?」と聞いて着ました。
お客さんも正直に「毎月7万円はらっている」と回答したそうです。

これを聞いた銀行担当者は、養育費は返済負担率に入るので借り入れ希望額が削られるかもしれない
と言ってきたのです。

結果、借り入れ希望額が1200万円削られてしまったのです・・・

離婚したかどうか、養育費を払っているか否かは、特に言う必要もなかったのですが
追しゃべってしまったのでこんな結果になってしまいました。

覚えておいてください。
養育費は審査に影響大です。

気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。