おはようございます。
松崎です。
今日は、朝一から横浜駅で商談があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ハウスメーカーさんなどの建築会社さんのお客さんのご相談を受けていると
営業マンから「このお客さん、建築計画がお子さんが小学校に入学する前までと言っているのですが
まだ、3年あるので何とか前倒しできる様に説得できませんか?」
と言われる事があります。

営業マンからしたらすぐに契約してもらえる方がありがたい。
3年も先だと営業マンもフォローは続きません。

しかし、無意味に「今すぐ建築が方がいいですよ!!!」と言ったところでお客さんは
納得しない・・・
「何で???」となりますよね。

では実際に今買った方がいいのか?3年後の方がいいのか?
と言うと・・・

こればかりはお客さんの状況によります。
今、経済的に支払いが厳しい状況にあるのであればすぐに建築する必要はない。
建築する必要がないのに「今、建てた方がいい!」なんて言えません。

ただ、今建てても経済的にも他にも問題がない。
そんな時は、前倒しした方が良いこともある。

それはどんな理由によるものなのか言うと。

・家賃の支払いがある時
・完済時の年齢
・病気のリスク
などなど・・・

家賃がある場合、3年間分の家賃を払うことを考えるとかなり勿体無いです。
毎月12万円払っていれば3年で432万円です。

3年後に3000万円住宅ローンを借りるのと今から3000万円を借りるのを比べると
定年時の残債金額も変わってきます。

完済時の年齢も3年先になりますので老後の蓄財を消費する可能性もあります。

また、住宅ローンは団体信用生命保険に加入できる事が一般的には必須になりますので
3年後にした時に、その間病気などになってしまった場合、住宅ローンが借りられない
可能性が出てきます。

そうなると、そもそも家が建てられない・・・
と言う事になってしまいますよね。

建築会社の営業マンが今建てた方がいいですよ!
と言うのはあながち間違っていない事もある。

営業マンから言われるので、それってすぐに建てさせる為のトークだ!
と思ってしまいますよね。

本当に今がいいのか?数年先がいいのか??
迷ったらライフプランでも受けてみましょうね。

答えが出ますよ。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。