おはようございます。
松崎です。
今日は、収益物件の建築でお客さんのお宅で打ち合わせがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

土地を購入して建物を注文住宅で建築する。
こういったケースの場合、先に土地購入代金を銀行から融資してもらいます。

そんな時に注意しなければいけない事がある。
それは土地代金の融資から建物完成までの期間が設けられていると言う事です。

私のお客さんでこんな事がありました。

土地を購入し大手ハウスメーカーで建物を建築予定でした。
土地代金を融資実行してもらった際にその銀行からは「土地融資実行から1年以内に建物を完成させてください」と
言われていたのです。

その為、土地融資から10ヶ月経った頃にお客さんに連絡し建物の完成日が決まったのか??と聞きました。
そうしたらなんと、未だに着工していなかったのです。

着工というのは工事の着手ですね。
工事がスタートしていなかったのです。

土地代金の融資実行から1年以内に建物を完成しなければならないと言う事を忘れていたようです。
建物を建築するハウスメーカーの営業マンもそんな事はしらず打ち合わせをダラダラ進めていました。

営業マンがそれを確認しない、知らない、と言うのはちょっとどうかと思いますが、銀行担当者も進捗状況を
何も確認していなかった様です。

直前になってお客さんもハウスメーカーも銀行担当者もアタフタ・・・

結局、銀行側は1年以内にというのはゆずらずお客さんは他の銀行に土地代金を借り換え事になりました。
無駄に登記費用などの諸費用が掛かってしまったのです・・・

この様に土地先行で購入している場合、住宅ローンを借りる銀行によって上記の様なルールがあります。
今回のお客さんの銀行は1年以内に完成。というルールでしたが他にも1年以内に建築確認済証を提出する。

という銀行もあります。

ちょっと注意が必要ですね。
ただ、一般的に土地の購入から1年以内に完成しないと言う事は稀です。
よっぽど建築会社が決まらないか打ち合わせが長引いている、揉めている・・・
などの事が起こらないと1年に間に合わないと言う事は無いと思います。

皆さんも気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。