おはようございます。
松崎です。
今日は、金融機関が提携の件で事務所にきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンをお手伝いしているお客さんからこんな話がありました。
融資額を決めるのに話していたらお客さんから、建物の金額がどんどん上がって行くんですよね〜
と言っていました。

確かに注文住宅の場合、決める事も多く設備のグレード、オプションなどによって
大きく金額が変わってきます。

このお客さんもそのひとり。

当初によりも500万円は高くなっているとおっしゃってました。
しかし、お客さん自身もしょうがないと思っている。

自分でキッチンのオプションをつけお風呂のグレードあげて・・・
バルコニー面積を増やして・・・
と追加小目が多数ありました。

このお客さんの場合、ご自身で追加をしているという認識があるのでいいですが
以前、こんなお客さんがいました。

あるハウスメーカーさんから融資付のご依頼を受けていたのですが
最後の最後に融資額を1000万円伸ばせないか??
と言われた事がありました。

話を聞くと営業マンから最終的に800万円追加が増えました・・・
という見積を出されたと言うのです。

追加を依頼しているたびに〇〇万円くらい追加になりますよ。
と説明は受けていたそうですが、最後に一気に見積もりを出されて引いた様です。

営業マンも都度見積もりを出していればよかったのですが、最後にまとめて出したので
お客さんもビックリした様です。

注文住宅は、基本的に最初よりも金額が上がることの方が多いです。
それは、オプション工事などもそうですが、現地を調べてみたいと分からないと言うこともあります。

実際、室内を見てみると予想よりも解体費用がかかる
隣との境のブロックのやり直しを役所から指摘された
土地の中かからゴミが出てきた
隣から目隠しを要求された

など当初では想定できなかった事も出てくる子場合もあります。

最初より金額が低くなったと言うことはあまりないのではないでしょうか。

皆さんも追加や変更しているときは都度見積もりをもらいましょうね。
また、注文住宅の場合は金額が上がることの方が多いと言うことを覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。