おはようございます。
松崎です。
今日は会社のゴルフコンペです。
雨予報がずれて良かったです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの申込書や個人情報の同意書などに旧姓を記入する欄がある事があります。

旧姓ってなぜ必要なのでしょうか?書く必要があるのでしょうか??

実は旧姓を書く意味は信用情報です。

住宅ローンの審査は、必ず信用情報を取得するところから始まります。
銀行も気になるところです。

現在の借り入れ状況、過去の支払い状況などなど個人情報の内容が悪ければ
審査に即落ちます。

弊社に依頼が来る案件で審査に落ちた!!と言う案件は申し込みをしてから審査に落ちるまで
どのくらいの時間がかかったのかいつも聞いています。

これが申し込んでから1週間後です。
と言う案件と申し込んで2時間で落ちました!という案件では難易度が全然違う。

1日以内で審査に落ちると言うのは、ほぼほぼ申し込んだ方の個人情報に問題が
ある事がほとんどです。

なのでどのくらいの時間で審査に落ちたのかと言うのは大事な事なのです。
そして旧姓を書く意味ですが、これも個人情報です。

女性の方の場合、結婚して性が変わる事が多いと思いますが、個人情報は名前が
違ければ出てこない可能性が高いのです。

もし旧姓の時にカードローンなどの支払い状況が悪かった場合、結婚して性が変わり
旧姓時代に利用していたカードも解約していて旧姓と新しい性が結びつかなかったら
旧姓時代の支払い不良の情報が出てこない可能性があるのです。

銀行としては手痛いです。
もしかしたら支払いにだらしがない人かもしれないのに気がつかず住宅ローンを貸して
支払いが遅れてしまう・・・・

これだけは避けたいところです。
その為、旧姓も確認してネガティブな情報があった場合に結びつけたいのです。

その為の旧姓なんですね。

ぜひ、覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。