おはようございます。
松崎です。
今日は、江ノ島へ民泊物件の打ち合わせがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな相談を受けました。

今申し込んでいる銀行で本当に良いのか?もっと他に良い銀行があるのではないか??
という相談でした。

この人は、新築のマンションを購入した方でした。
現在の審査が通っている銀行の貸し付け条件を見ると金利が0.475%でした。

これよりも良い条件の銀行・・・

探せばあると思いますが、これはこれで良いと思います。
と話しました。

変動金利の実効金利が0.475%出あれば店頭金利の2.475%から▲2%も優遇を受けれています。

都市銀行や第一地銀の中でも最低値だと思います。
これ以上の低い金利を探すのは難しいのでオプション団信の内容で差別したほうが良いことを話しました。
金利勝負と言うよりは団信での商品性勝負している銀行も数年前から出てきてきます。

このお客さんが選んでいる銀行のオプション団信は3大疾病と8大疾病。
どちらも3大疾病(ガン、脳梗塞、心筋梗塞)に関しては初めて罹患し場合と60日の就業制限になった場合に
住宅ローンが0円になるというものでした。

銀行によってはこの3大疾病で就業制限が12ヶ月という団信もありますが
現在の銀行はハードル低めです。

なのでこのままで良いという結論になりました。

金利がある程度、低い数字で確保できれば後はオプション団信などの商品性で選ぶのが良いです。

銀行によっては商品源がもらえる、カードを一緒に作ればポイントがたまっていくスポーツ施設が割引になるなど
特典も様々です。

金利だけでなく商品性もチェックしてみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。