おはようございます。
松崎です。
今日は、急ぎの案件依頼があったのでお客さんのご自宅へ行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を購入する時にほとんどの人が住宅ローンを利用すると思います。
その際に住宅ローンの審査に通らなかったら白紙解約にするという特約を基本的には付けます。

これがないと住宅ローンの審査に通らなかったのに解約できない!
手付金の没収や違約金をとられるという可能性も出て来ます。

そのならないためにローン特約があります。

そしてこのローン特約には期限があります。
大体契約日から1ヶ月〜1月半程です。

その間に住宅ローンの本審査で内諾をもらう必要があります。

このローン特約の期限内に住宅ローンの本審査で内諾がもらえなかったらどうなるのでしょうか??

その場合はローン特約に従い白紙解約をするのか期限の延長をするかになります。

以前、私のお客さんでこんな事がありました。
ローン特約の期限が約1ヶ月あったお客さんです。

本審査に出せば基本的に1週間ほどで審査があります。
余裕があったのですが、審査の途中で銀行から追加書類の要請があり審査はズルズルと遅れてきました。
更にあるはずの確定申告書の控えがない・・・

とお客さんから連絡がありました。

確定申告書は税務署によっても違いますが、控えを再発行してもらうのにかなり時間がかかります。
このお客さんの場合、再発行に2週間かかると税務署に言われました。

結局ローン特約期限には間に合わず、期限を延長してもらいました。

これが売主さんによっては延長を拒否する事もあります。

その場合、そのまま白紙解約になってしまうのです。
延長を拒否するというのは、なかなかありませんがローン特約の期限はしっかり把握しておく必要があります。

ギリギリになってバタバタしないように気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。