おはようございます。
松崎です。
今日は定休日ですが、事務所で事務処理中です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの申込みの時にこんな話しがありました。
このお客さんは注文住宅のお客さんで土地の契約も終わり建物の打ち合わせが始まる段階でした。

融資額は元々5000万円の予定で進んでいましたが、建物の資金計画をみると結構含まれていない諸費用や工事も見受けられたので
審査の融資額を500万円ほど上げて審査をする提案をしました。

するとお客さんは「追加などは発生しないと思うから融資額は上げないでいい。もし金額が上がるようだったら建物の金額の中で
調整します」と言われてしまいました・・・

私の見る限り、地盤改良工事や火災保険、照明・カーテン・エアコン・融資保証料なども資金計画にまだ入っていなかったので
確実に追加になると思っています。

建売などを購入する場合、土地建物の金額は決まっているので増える事はありませんが、注文住宅の場合は
何があるか分かりません。

地盤改良が発生することもあれば外構や解体工事などで追加費用がかかることもあります。
設備関係のショールームに行けば追加オプションが発生する事もあります。

私が建築会社さんの資金計画をみただけでも300万円は更にかかると思っていました。

その為、融資額の審査を5000万円から5500万円に上げてもらうようにお話しました。
もし最終的に5000万円になるのであれば問題ないですし5300万円になっても問題ない。

審査自体を5500万円で行うわけですから、実際に借入額を減らす分には問題ない。
逆に5000万円のまま審査を行い、あとでやっぱり5500万円にして!

と言って大変です。
銀行によっては再審査が必要な場合もありますし、増額できない可能性もある。

あとですったもんだしないように事前に融資額だけ高めに審査をして後で減額する。
こっちの方が後でバタバタしなくてすむのです。

注文住宅で家を建てる時は、大体最初の資金計画よりも金額が上がることの方が多いです。
あとで融資で困らないように事前に融資額は高めにしておくと後で楽ですよ。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。