おはようございます。
松崎です。
今日は住宅展示場でお仕事です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、破産した方の住宅ローン相談がありました。
営業マン「8年前に破産した方なんですけど住宅ローンって組めますか??」

とお話しがありました。

破産した方が住宅ローンを借りるにはどうすれば良いのでしょうか?
そもそも破産しても住宅ローンって借りれるんでしょうか?

実は、破産していても住宅ローンは借りられます。
絶対に借りられない!
という事はありません。

しかし容易ではないのは分かりますよね。
元々破産しているのですから銀行がおいそれと簡単には貸してくれません。

まず、営業マンから「8年前に」という言葉がありました。
この時点で住宅ローンを組むことは難しいと判断してください。

よく破産などのネガティブな情報は5年経過すれば消える。
と思っている人がいますがこれは間違いです。

10年です。
全銀協(JBA)が破産情報を10年を超えない範囲で記録を保存しています。
この全銀協は、各銀行が住宅ローンの審査をする際に個人情報を開示する情報機関のうちの一つです。
その為、破産から8年ではまだ記録が残っているので審査には落ちます。

この状態でどうしても今、住宅ローンが組みたい!
となると残っている手はノンバンク銀行になります。

ノンバンク銀行なら貸してくれる可能性があります。
しかしこれも簡単には貸してくれません。

ノンバンク銀行は他の銀行とは違い貸す貸さないの審査基準が購入物件の担保評価にウェイトがあります。
極端な話し購入物件の担保価値までは貸してくれると言うことです。

ただ、4000万円の物件に対して4000万円借りれるとは限りません。
その4000万円の物件の担保評価は恐らく3400万円前後になり600万円前後の自己資金を求められます。

そして更に金利は高いです。
破産した人に貸すんですからね、貸す方にもリスクがあります。
10年以内に住宅ローンを借りようとすると物件価格に対して1割〜2割の自己資金を求められる。
金利が高い。

この二つの問題をクリアしなければなりません。

破産して10年以内に住宅ローンを借りるのは大変なんですね。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。