おはようございます。
松崎です。
今日は、住宅ローンの相談が1件とその後は都内で打ち合わせです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンを申し込む際に私がきになることの一つに他の借り入れ状況です。
支払いがしっかり行われているのかという事も当然気になりますが、毎月支払っている額も
気になります。

支払いに遅れがなくても毎月支払っている額によっては、住宅を購入することが出来ない
可能性もあるのです。

なぜ、毎月支払っている額がきになるかというとその額によって借りられる額が減額されるからです。
これは申し込む銀行によっても違うのですが、例えばフラット35で考えてみましょう。

フラット35のここ最近の20年超の借り入れの場合の金利は1.3%前後です。
4月の最低値は1.27%でした。
この1.27%で35年間100万円を借りたときの月額を計算してみると
月々2,950円です。

この2,950円という数字がポイントです。

仮に毎月の支払いでオートローンとショッピングの分割払いがあるとします。
オートローン 月々35,000円
ショッピングの分割払い 月々 30,000円
合計 65,000円毎月支払っているとします。

毎月65,000円ローンなどの支払いがあるとどのくらい融資額が削られるかというと
65,000円÷2,950円×1,000,000=22,033,898円

とでます。
よって約2200万円融資額が削られてしまうのです。

このお客さん借り入れ希望額が5000万円で年収から計算すると6000万円借りれるとします。
オートローンやショッピングの分割払いがなければ上限60000万円まで借りれますが
毎月65,000円払っているローンがあるので6000万円ー2200万円=3800万円

3800万円しか借りれないのです。
購入予定物件が5000万円だった場合、借り入れ希望額が届かないのです。
補填する自己資金も1200万円はない・・・

となると購入を諦めなくてはいけないかもしれませんね。

毎月のローンの支払い遅れがなくても借り入れ額を減額されてしまうのです。
これは銀行によって考え方も計算のための数値も違うので必ずこの数字が当てはまるかと言うと
違いますが、この様な計算が当てはまる銀行も多くあります。

毎月のローンがある人は覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。