おはようございます。
松崎です。
今日は、朝からバタバタです。
スケジュールが押さないように気をつけたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨年、こんな相談がお客さんからありました。

以前、住宅ローンを通したお客さんだったのですが奥さんと離婚したから家を売却をしたいんだけど
不動会社さんから断れた・・・
という内容でした。

連帯債務者になっている奥様とは連絡がもう取れないと言うのです。
そもそももう一人の所有者の奥様と連絡が取れないのであれば売却はできない・・・

仮に連絡が取れても奥様が売却する意思がなければ売却できない。
と説明しました。

あれから数ヶ月経ってまた連絡がありました。
元妻の持分を贈与してもらったからこれで売却できるだろう・・・

私「元奥様の持分を贈与してもらった??銀行には言いましたか??」
と聞くとお客さんは「言っていない」と言うのです。

これは完全にアウトです。
すぐに銀行に電話してもらい事後報告してもらいました。

銀行からは怒られたようですが、特にペナルティーもなく済んだようです。

銀行は収入合算をする2人に対して審査を行いお金を貸しています。
それを元奥様の持分を勝手に贈与してもらってしまう・・・

これは約定違反です。
住宅ローンは借りる際に銀行と契約をします。金銭消費貸借契約です。
その契約の約定の中に氏名や住所、連絡先少しでも変更があれば連絡する約束になっていますし
ましてや勝手に持分を移動させてしまうのは、銀行から約定違反だから一括完済してくれと
言われてもおかしくありません。

実際にそこまで発展することは無いと思いますが・・・

以前にもマンションの持分を妻に内緒で愛人に贈与してしまった・・・
と言うお客さんがいました。

今回のお客さんは連帯債務者2人が1人なったのですが、この愛人に贈与してしまったお客さんは
所有者が本人1人から愛人に所有権を半分あげてしまったので所有者が2人に増えてしまいました。

銀行が本来の所有者に売却しろと言っても愛人も所有者になってしまったので簡単に売却ができなくなって
しまいます。

このお客さんは、銀行に怖くて話せない・・・
とう事でその後どうなったのかはわかりません。

この様に住宅ローンは、借り入れた時期と状況が何かしら変わる時には報告しなければなりません。
勝手に変更してしまうことは許されませんし約定違反になります。

皆さんも何か変更があるときは銀行に報告しましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。