おはようございます。
松崎です。
今日は、江ノ島へ収益物件の確認に言ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンには団体信用生命保険(以下、団信)が付いている。
これは申込者が死亡または高度障害になった際に住宅ローンの残りの残債が保険金によって完済になります。

残された家族は住宅ローンの支払はなくなり購入した家が残ります。

しかし、中にはこの団信が利用できない事がある。

それは、住宅ローンの返済の滞納です。
団信料は基本的に住宅ローンを貸してくれている銀行が負担をしています。
フラット35の場合は、任意なので金利に上乗せしている形で申込者が負担しています。
また、3大疾病や8大疾病などのオプション団信も申込者が負担をしています。

通常団信のみ銀行側が団信費用を負担しています。

その為、住宅ローンの返済を滞納すると団信保険料も失効してしまうのです。

住宅ローンの返済にが遅れ競売寸前で任意売却を行っている最中に申込人が死亡してしまった場合
団信が失効しているので住宅ローンの残債が0円にはならないのです。

当然、残された家族は残った住宅ローンを支払う義務が発生していきます。

相続放棄をすれば別ですが・・・

何かあっても団信によっては住宅ローンは0円になる。
と思っていてもそれは住宅ローン返済している間だけです。

滞納したら団信は失効する。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。