おはようございます。
松崎です。
今日は、ハウスメーカーさんへ営業マン向けのセミナーの打ち合わせに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ノンバンク銀行の不動産担保ローンは審査が緩い・・・
こんなふうに思っている人もいるのかと思います。

私のブログでも、ノンバンク銀行の不動産担保ローンは申し込み人の信用情報よりも
購入物件の担保評価が大事。

という話をしてきました。

先日、ハウスメーカーの営業マンから債務整理をしている人の住宅ローンの新規融資付の
依頼がありました。

その営業マンからは、不動産担保ローンでやれば審査に通りますよね?
と簡単に言われました。

確かに債務整理をしていても審査に通る可能性はある。
しかし、実際に払える原資が確保できるのか?

という事が大事です。

例えば、一般的な住宅ローンではれば支払いが12万円のところ不動産担保ローンは
金利が高いので19.6万になります。

その差額は約7.6万円です。

いくら信用情報に緩いからといって支払う原資がなければ貸してくれません。
この7.6万円分を捻出できるのか?
というところが重要です。

審査上楽に進めるのは、例えば
毎月8万円づつ貯金をしている。

賃貸の家賃を20万円払っている。

このような事があれば銀行側も審査しやすいです。

一般的な金利で借りた場合の12万円より高くなる7.6万円支払い分を毎月貯金している8万円を
スライドできる。

家賃を毎月20万円払っているのであれば支払いが19.6万円になっても現在の家賃と変わらないので
払っていける。

こういった根拠が必要になります。
ノンバンク銀行の不動産担保ローンは、信用情報にはうるさくないが支払い原資には
シビアです。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。