おはようございます。
松崎です。
今日は、予定が詰まっています。
遅れないようにしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、日本には信用情報機関が3箇所あるってお話ししましたね。

昨日の記事は↓
「日本には信用情報機関が3箇所ある」

今日は、実際にCICに記載されている内容を少しご紹介したいと思います。
なかなか自分の信用情報を見る機会はないと思いますからね。

まずは、名前、住所、生年月日はわかりますよね。

そして下記の情報も記載されています。

・勤務先名、電話番号
・運転免許証の番号
・配偶者名
・契約の内容
・支払い状況
・入金状況

などなど、たくさんの項目が記載されています。
免許証の番号なども記載されていることもあります。

そして、審査の時に誰が信用情報を開いたのかも記載されています。

A銀行
2019年◯月◯日 13時10分40秒
住宅ローン 4000万円

信用情報が開いた時間も何秒まで記載されています。

この様にたくさんのことが信用情報に記載されています。

もし興味がありましたら自分の信用情報を取ってみましょう。
最近は、スマホで簡単に取れますよ。

ではでは。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。