おはようございます。
松崎です。
今日は、朝一で恵比寿で打ち合わせがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日から住宅ローン控除のお話しをしていますが、ファイナンシャルプランナーの方から
お客さんのご紹介を受けお客さんとお話ししていた時にこんな話しがありました。

住宅ローンの基本的な話しは以前書いたこちらを呼んでみて下さい。

「住宅ローン控除はどのくらい税金が戻ってくる??」

ご主人「私一人では住宅ローン控除を使い切れないから妻も住宅ローンを借りた方が住宅ローン控除をフルに利用できると
ファイナンシャルプランナーの方から聞いたのですが・・・」

と言う話しでした。

確かにご主人だけで住宅ローン控除を使い切れないのであれば奥様も住宅ローンを借りて二人で住宅ローン控除を
利用した方がメリットがある事もある。

しかし、奥様の源泉を確認したら扶養の範囲内で働いているので源泉徴収税額がほとんど引かれていない・・・
これではあまりメリットはない・・・

もっと働いたらどうだ??
とご主人から言われましたが、収入を増やせば源泉徴収税額は増えます。
しかし、年金の支払や収入が増えれば社会保険料も発生する場合がある。

そうなってしまうと本末転倒です。

結局このお客さんは、奥様も一緒に住宅ローンを組んでもそれほどメリットがない事が分かりました。

また、勘違いする人もいるのでご説明しますが、奥様も住宅ローン控除を利用したい時は
収入合算ではなく

・連帯債務
・ペアローン

です。
収入合算でも住宅ローン控除が利用できると思っている人もいますが利用できません。
債務者になる必要がありますので連帯債務者かペアローンで住宅ローンを組む必要があります。

収入合算は、収入だけを合算するだけで奥様は債務者になりません。

奥様でも住宅ローン控除を利用したい時は気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。