おはようございます。
松崎です。
今日は、投資用で区分マンションを購入したお客さんの相談に乗ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、立て続けに住宅ローン控除の相談を受けました。

住宅ローン控除がどのくらい受けられるのか?
夫婦で住宅ローンを借りた方が得なのか??

と言う内容でした。
実際住宅ローン控除とは、どのような制度なのでしょうか。

住宅ローン控除は簡単にお話しすると
年末の住宅ローン残高の1%が戻ってくる。と言う制度です。
これが10年間続き最大で400万円、認定長期優良住宅の場合は最大500万円が
10年間にわたり控除される。

これは大きいですよね。

消費税増税に伴い、住宅ローン控除の延長も予定されており消費税10%で購入された人は
10年間ではなく13年に期間が延び拡充措置が予定されています。

そんな制度ですが、誰しも400万円〜500万円が返ってくるわけでもない。
これは、その1年間で支払った税金を還付します。

と言う制度です。
その税金が源泉に記載されている一番右上の部分です。
源泉徴収税額です。

源泉徴収票

この部分の支払った税金が戻ってくるのです。

この源泉でいうと184,800円が戻ってきます。
ただ、年末の住宅ローン残高が3000万円だとすると30万円の控除が受けられます。

しかし、184,800円だと残り115,200円分が控除されません。
勿体無いですね。

控除しきれなかった場合は、翌年の住民税が最大136,500円控除されます。
今回の例でいくと使いきれなかった残り115,200円は翌年の住民税が115,200円控除できるのです。

これでも使いきれなかった場合は、諦めるしかありません・・・

住宅ローン控除が利用できる物件を購入できればぜひとも利用したい制度ですね。

皆さんも覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。