おはようございます。
松崎です。
今日は、定休日です。
ゆっくりしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

現在も持ち家だけど新しい家が欲しい。
こんな事ってあると思います。

良くあるのはマンションに住んでいるが戸建てに引っ越すというパターンです。
これは良くある話しです。

そんな時、現在すんでいる家をどうすれば良いのか?
と相談をしてくる方もいます。

売却した方が良いのか賃貸に出した方が良いのか・・・
悩みどころですよね。

せっかく購入したのだから売るのはもったいない。
と思う方もいると思います。

実際にどっちの方が良いのでしょうか?

まず、売却はシンプルですよね。
残債額よりも高く売れれば特に問題ありません。

マイホームで利用していれば、よほど高く売れない限り譲渡税もかからない。
取引が終われば後に引く問題はありません。

では、賃貸の場合はどうでしょうか?

現在支払っている住宅ローンの返済額よりも賃料の方が多ければ儲かる!?
と思うかもしれませんが、ここは慎重になる必要があります。

賃貸にする場合、収入としては家賃がありますが支出として見ておかなければいけない項目が多々あります。

・住宅ローンの返済
・固定資産税
・修繕費用
・原状回復費用
・管理費
・空室リスク

これだけあります。
入居者とのトラブルもあるかもしれません。

仮に家賃と住宅ローンの返済で収支が+5万円だったとして年間60万円です。
そこへ固定資産税の支払いがあります。

仮に20万円だっとすると残りは40万円です。
これに将来の修繕費用の積立、退去時の原状回復費用、管理会社への管理費を支払い、年間通して3ヶ月空室期間が
あったとすると赤字になる可能性があります。

マイホームを賃貸に出す場合、収入は0か100です。
アパートのように6戸あれば2部屋空室でも入居率は66%です。
家賃収入も66%はあります。

マイホームは1戸なので入居者がいるか否かで収入は0か100という事です。

確定申告もしなければなりません。

これを考えてそれでも賃貸にする。
というのであれば良いと思いますし手間暇を考慮しても賃料収入が多いければ良いと思います。

いずれにしてもマイホームの賃貸は大きく儲かるとは思わない方が良いのです。

売却するのがいいのか賃貸に出すのがいいのか・・・

よく考えてみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。